2Fパイプオルガン_edited.jpg

パイプオルガンについて

教会の3Fにはパイプオルガンが設置されています。
​毎週の礼拝は、こちらのオルガンを使用して礼拝を守っています。

 

浪花教会 パイプオルガン

​2002年10月 マナオルゲルバウ建造

 

 I.Manual C-g'''56鍵

 1.Rohrflote  8'

 2.Prinzizipal 4'

Ⅱ.manual C-g'''56鍵

 3.Gedackt  8'

 4.Waldflote  2'

・ストップ数 5個

・パイプ数 254 本

・カプラー Ⅱ/Ⅰ Ⅰ/P Ⅱ/P

・チェスト 

 マニュアル:1個、ペダル:1個

・トレモロ Ⅰ、Ⅱ共用

・アクション 

 メカニカル キーアクション 

 メカニカル ストップアクション

・ケース オーク ワックス仕上げ

・手鍵盤 ドイツ標準規格 

 ナチュラルキー:グラナディラ 

 半音キー:ローズウッド牛骨張り

・足鍵盤 

 ドイツ標準規格 平行ペダル:オーク

・調律法 ヴェルクマイスター調律法

 

​リードオルガンについて

礼拝堂にはリードオルガンがあります。
​見学時には触れることはできませんが、ご覧いただくことができます。

 

浪花教会 リードオルガン

​メーカー アメリカ Western Cottage 社

製造 1888年(明治21年)

製造番号 No.33642

・ストップ数 13 個

・リード列数 高音部3列、低音部2列、Subbass13本

・鍵盤 61鍵 Fスケール e音、f音で高低分割

・送風装置 吸い込み式

・Full Organ左ひざ操作。Subbass16と高低両方のOctave Couplerも作用。

・Octave Couplerの連結棹は普通、鋼鉄で作られているがこのオルガンは木製で革ナットを多用している。

・ストップ機構の連結棹は細長い木で作られてるのが普通だが、ゴム引布(Rubber cloth)で作られている。

*日本ではオルガンを小学校へ導入し始めた時期(1887年頃)、ニューヨークから170台のオルガンを輸入。

*浪花教会では1890年、現在地での前会堂完成時に54ドルにて購入の記録がある。

*1964年、オランダFershueren社のパイプオルガンを購入。

 それまではこのリードオルガンを使用していた。

*1998年、仁平利三氏により修復された。

 

リードオルガン.JPG